肺がん・悪性中皮腫 : タバコや石綿による発がん

元データ 2005-12-20 日本エアロゾル学会

概要

Lung cancer is one of the most common causes of cancer death in Japan. Cigarette smoking is the major cause of lung cancer. Asbestos exposure is also known to cause lung cancer and malignant mesothelioma, which is a tumor derived from mesothelial cells lining on a serosal cavity. Pleural mesothelioma is the most frequent type of mesothelioma. The annual number of deaths from mesothelioma has been increasing rapidly, reflecting the past asbestos exposure in Japan. In this paper, we describe the mechanisms of carcinogenicity of cigarette smoke and asbestos, and review the etiology, clinical and pathological features of lung cancer and mesothelioma.

著者

吉田 勝美 聖マリアンナ医科大学 医学部 医学科 予防医学教室
石川 雄一 癌研究会癌研究所病理部
石川 雄一 (財)癌研究会癌研究所病理部
吉田 勝美 聖マリアンナ・医・予防医学
高田 礼子 聖マリアンナ医科大学予防医学
神山 宣彦 産医研
神山 宣彦 産業医学総合研究所
神山 宣彦 東洋大学経済学部
神山 宣彦 東洋大学 経済学部
石川 雄一 癌研・病理
高田 礼子 聖マリアンナ医科大学 予防医学教室
石川 雄一 (財)癌研究所

関連論文

▼もっと見る