Methimazole と cabergoline が奏効した McCune-Albright 症候群の1例

元データ 2010-10-10

著者

藤枝 憲二 旭川医大小児科
藤枝 憲二 旭川医科大学小児科
藤枝 憲二 日本小児内分泌学会
藤枝 憲二 北海道大学医学部小児科学教室
藤枝 憲二 遠軽厚生病院 小児科
藤枝 憲二 旭川医科大学 小児科
藤枝 憲二 旭川医科大学附属病院 周産母子センター
諏訪 哲也 岐阜大学附属病院生体支援センター
松尾 公美浩 旭川医科大学小児科
藤枝 憲二\ 北海道大学医学部小児科
諏訪 哲也 岐阜大学 大学院医学系研究科内分泌代謝病態学分野
藤枝 憲二 北海道大学 生殖発達医学講座小児科学分野
飯塚 勝美 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科
廣田 卓男 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科
加藤 丈博 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科
澁谷 高志 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科
堀川 幸男 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科
武田 純 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科
諏訪 哲也 岐阜大学附属病院免疫内分泌内科

関連論文

▼もっと見る