多血症に対する部分交換輸血療法の再評価 : 生理食塩水と5%アルブミンの比較

元データ 2008-08-20

概要

新生児多血症に対する部分交換輸血療法を再評価するため、従来手技の5%アルブミン液を用いた11例(男6例・女5例:A群)と、最近採用している生理食塩水使用の9例(男6例・女3例:B群)で治療効果を比較した。その結果、治療前の静脈血ヘマトクリット値はA群平均73%、B群73%、治療翌日はそれぞれ57%、58%で、いずれも有意な低下を示し、両群間に有意差はなかった。また追加の部分交換輸血を要した例はなかった。血清総蛋白値は治療前がA群平均5.5g/dl、B群5.3g/dl、治療後はそれぞれ5.3g/dl、5.1g/dl、血清アルブミン値は治療前がA群平均3.3g/dl、B群3.1g/dl、治療後はそれぞれ3.3g/dl、3.0g/dlで、いずれも治療前後で有意な変化はなく、両群間の有意差もなかった。多血症に対する部分交換輸血製剤として、生理食塩水はアルブミンと同等に有効であることが示された。

著者

藤枝 憲二 旭川医大小児科
藤枝 憲二 旭川医科大学小児科
中村 英記 旭川医科大学周産母子センター
藤枝 憲二 遠軽厚生病院 小児科
長屋 建 旭川医科大学 周産母子センター
林 時仲 旭川医科大学小児科学教室
岡本 年男 旭川医科大学病院周産母子センター
林 時仲 旭川医科大学病院周産母子センター
林 時仲 旭川医科大学 小児科
中村 英記 旭川医科大学病院周産母子センター
中村 英記 旭川医科大学 小児科
中村 英記 旭川医科大学医学部 小児科
藤枝 憲二 旭川医科大学 小児科
長屋 建 旭川医科大学病院周産母子センター
長屋 建 旭川医科大学 小児科
岡本 年男 旭川医科大学 医学部 小児科学講座
藤枝 憲二 北海道大学 生殖発達医学講座小児科学分野
林 時仲 旭川医科大学 周産母子センター

関連論文

▼もっと見る