テラヘルツ時間領域分光法の基礎と分子科学研究への応用

元データ 2008-04-25 日本液晶学会

概要

レーザーの出現とともに始まったテラヘルツ波の発生に関する研究の歴史から始めて、現在のテラヘルツ波の広帯域発生とコヒーレント検出に関して解説する。また、これらのテラヘルツ波技術を使ったテラヘルツ時間領域分光法についての詳網を解説するとともに、この分光法を用いて筆者らが行ってきた液晶、イオン液体、シリカガラスなどの不規則凝縮系の研究に関して述べる。

著者

萩行 正憲 阪大レーザー研
萩行 正憲 大阪大学レーザーエネルギー学研究センター
谷 正彦 福井大学遠赤外領域開発研究センター
萩行 正憲 阪大超伝導セ
山本 晃司 福井大学遠赤外領域開発研究センター
山本 晃司 株式会社東芝研究開発センターマルチメディアラボラトリー
山本 晃司 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 技術センター
谷 正彦 福井大
山本 晃司 福井大学遠赤センター
谷 正彦 福井大学遠赤センター

関連論文

▼もっと見る