ジクロル酢酸ナトリウム(DCA)療法による意識障害が疑われた Keams-Sayre 症候群の男児例

元データ 1997-10-15

著者

須貝 研司 国立精神・神経センター病院小児神経科
黒田 泰弘 徳島大学小児科
伊藤 道徳 徳島大学医学部小児科
後藤 雄一 国立精神・神経センター神経研究所
小沢 浩 国立精神・神経センター武蔵病院小児神経科
埜中 征哉 国立精神・神経センター武蔵病院
須貝 研司 国立精神・神経センター武蔵病院小児神経科
伊藤 道徳 徳島大学小児科
伊藤 道徳 高松赤十字病院
内藤 悦雄 徳島大学小児科
須貝 研司 国立精神神経センター武蔵病院症に神経科
内藤 悦雄 徳島大学医学部発生発達医学講座小児医学分野
内藤 悦雄 高松赤十字病院
埜中 征哉 国立精神・神経センター病院小児神経科
埜中 征哉 国立精神・神経センター神経研究所疾病研究第一部
小沢 浩 国立精神・神経センター武蔵病院 小児神経科
橋本 俊顕 国立精神・神経センター病院小児神経科
岩田 秀樹 国立精神・神経センター武蔵病院・小児神経科
後藤 雄一 微細構造研究部
埜中 征哉 微細構造研究部
小沢 浩 都立八王子小児病院小児科
岩田 秀樹 国立精神・神経センター小児神経科
埜中 征哉 精神・神経センター
小沢 浩 島由療育センター小児科
小沢 浩 国立精神・神経センター精神保健研究所武蔵病院小児神経科

関連論文

▼もっと見る