対側腎周囲脂肪組織へ転移を生じた腎細胞癌の1例

概要

A 53-year-old woman was admitted with right lower abdominal pain in November 1993. Computed tomography (CT) revealed a right renal tumor, suspected to be a renal cancer. She underwent right radical nephrectomy in December 1993. The pathological diagnosis was clear cell carcinoma, pT2, grade 2. In May 2006, follow-up CT showed a tumor arising from the left perirenal fat. Laparoscopic tumor excision was performed in August 2006. The pathological diagnosis was metastatic clear cell carcinoma.

著者

野口 剛 大分大学消化器外科
野口 剛 大分大学医学部消化器外科
野口 剛) 大分大学消化管外科
佐野 太 横浜市立大学医学部泌尿器病態学
野口 剛 大分大学第一外科
槙山 和秀 横浜市立大学 大学院医学研究科泌尿器病態学講座
槙山 和秀 横浜市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学
野口 剛 大分医科大学第2外科
野口 剛 大分大学医学部附属病院地域医療学センター外科
野口 剛 横浜市立大学泌尿器病態学

関連論文

▼もっと見る