Morphineによって生じるマウスのStraub挙尾反応の発現機構I 特に脊髄を中心として

元データ 社団法人 日本薬理学会

概要

Morphineによって生じるStraub挙尾反応(STR)と鎮痛作用の発現機構を脊髄レベルで検討し,以下の成績を得た.<BR>1)STRは背側仙尾骨筋の切断によって消失した.2)spinal miceの脊髄を電気刺激すると挙尾反応が生じる.3)morphine 0.25〜5μgを腰椎髄腔内に投与するとSTRが用量依存的に生じた.しかし,spinal miceの腰椎髄腔内にmorphineを投与してもSTRは生じなかった.4)STRは末梢性筋弛緩薬のtubocurarineおよびmorphine拮抗薬のnaloxoneの腰椎髄腔内投与によって抑制および拮抗された.5)STRはC<SUB>5〜6</SUB>の右後半部,左後半部または左右後半部およびT<SUB>11〜12</SUB>の右後半部または左右後半部を切除しても抑制されず,T<SUB>11〜12</SUB>のTransectionで始めて消失した.6)脊髄のcatecholamine(CA)ニューロンを破壊したり,5-hydroxytryptamine(5-HT)ニューロンを破壊してもTail Reactionは生じなかったが,morphineで生じるSTRは増強された.7)morphine 0.5μgを腰椎髄腔内に投与すると鎮痛作用が得られた.8)C<SUB>5〜6</SUB>の左後半部または左右後半部を切除すると疼痛閾値が上昇したが,C<SUB>5〜6</SUB>の右後半部を切除しても疼痛閾値は変化しなかった.Morphineの鎮痛作用はC<SUB>5〜6</SUB>の右後半部,左後半部または左右後半部を切除すると抑制された.T<SUB>11〜12</SUB>の右後半部を切除しても疼痛閾値は変化しなかったが,morphineの鎮痛作用は減弱した.9)脊髄のCAニューロンを破壊したり,5-HTニューロンを破壊すると疼痛閾値が低下したが,morphineの鎮痛作用はnorepinephrine(NE)ニューロンを破壊した場合にのみ抑制された.以上の知見から,morphineは脊髄に作用しSTRと鎮痛作用を生じ,STR発現は脊髄の前半部が重要であり,NEニューロン,5-HTニューロンの神経活動が抑制され生じるが,morphineの鎮痛作用発現には脊髄の後半部が重要であり,NEニューロンの神経活動が増強されることによって生じることを見い出した.

著者

鍋島 俊隆 名城大学薬学部薬品作用学研究室:npo法人j-do医薬品適正使用推進機構
亀山 勉 名城大学薬学部薬品作用学教室
山口 和政 名城大薬
亀山 勉 ジャパン精神薬理研究所
亀山 勉 名城大学薬学部
鍋島 俊隆 名城大学薬学部
鍋島 俊隆 名城大 薬
山口 和政 名城大学薬学部薬品作用学教室
鍋島 俊隆 名城大学薬学研究科薬品作用学 名城大学学術フロンティア推進事業比較認知科学研究所

関連論文

▼もっと見る