PTHrPの腎における発現

元データ 日本小児腎臓病学会

概要

 腎臓における副甲状腺ホルモン関連ペプチド (PTHrP) mRNAの発現量をRT-PCRにより,局在をin situ hybridizationにより検討した。マウス腎の発達段階における検討では,PTHrPmRNAは0日齢,1週齢で最も強く発現しており,腎におけるネフロン形成の終了する2週齢以降明らかに発現量は減少した。また,胎齢16日の腎では,S-shaped bodyやureteric budを含む未熟な腎皮質領域 (nephrogenic zone) をはじめ,腎盂上皮,集合管,尿細管,糸球体に強いシグナルを認めた。また,出生直後においても腎盂上皮,集合管,nephrogenic zoneに強いシグナルを認めた。これらから,PTHrPは腎の発達に関与していると考えられる。

著者

田中 弘之 日本小児内分泌学会薬事委員会
清野 佳紀 岡山大学医学部小児科学教室
田中 弘之 岡山大学医学部小児科
綾 邦彦 岡山大学大学院医歯学総合研究科小児医科学教室
清野 佳紀 旭川医科大学 小児科
綾 邦彦 岡山大学医学部 小児科
綾 邦彦 岡山大学医学部小児科学講座
田中 弘之 岡山大学医学部 小児科
清野 佳紀 岡山大学医学部 小児科

関連論文

▼もっと見る