森林資源を活用したタキソールの生産方法に関する研究(第1報) : イチイ針葉の調製法とタキソール含量

元データ 2000-02-20 日本生薬学会

概要

The taxol contents of the needles from of T.cuspidata prepared by various methods were analyzed by HPLC. The yield of taxol was greatly influenced by different drying methods of the needles, and the drying in the shade (outdoor, dryingtime : 48hrs) gave the hightest yield of taxol (0.032% of taxol based on dry weight). It was also found desirable to have the extraction facility close to the cultivation area of the plants to prevent deterioration.

著者

大平 辰朗 独立行政法人 森林総合研究所樹木抽出成分研究室
大平 辰朗 (独)森林総合研究所 バイオマス化学研究領域
谷田貝 光克 森林総研生物機能
谷田貝 光克 秋田県立大学 木材高度加工研究所
谷田貝 光克 東京大学大学院農学生命科学研究科
大平 辰朗 森林総合研究所 生物機能開発部
河村 文郎 森林総合研究所
菊地 與志也 秋田県立大学木材高度加工研究所
大平 辰朗 森林総合研

関連論文

▼もっと見る