415 中学生の悩み(I) : 質問項目の因子分析と因子得点による学業成績差の検討(人格2,研究発表)

元データ 1978-08-10 日本教育心理学会

概要

中学生の悩みを構成する因子は、寄与率の高い順に、第I因子〔指導者による承認と信頼の欠如〕、第II因子〔勉学への意欲・興味の欠如〕、第III因子〔友人からの孤立〕、第IV因子〔将来への展望の欠如〕、第V因子〔親による承認と信頼の欠如〕、第VI因子〔疲労感〕、第VII因子〔性格に関する劣等意識〕の7因子となった。因子得点にもとづき学業成績差を検討したところ、学業成績の差が悩みに影響を及ぼしていることが明らかとなった。しかも、その影響は一様ではなく、発達段階(学年)に応じて異なった効果を及ぼすことが示唆された。

著者

内藤 哲雄 早稲田大学
遠藤 徹 浦和市立教育研究所

関連論文

▼もっと見る