腎細胞癌により2次性膜性腎症を発症したと思われるネフローゼ症候群の1例

元データ 2005-12-31 奈良県立医科大学

概要

A 69-year-old man was admitted to our hospital for evaluation of increasing edema. The laboratory findings showed that he had nephrotic syndrome. CT scan and MRI demonstrated a solid mass with a diameter of 4.0cm in the upper pole of the left kidney. Total left nephrectomy was performed on twenty-eighth day after admission. The histopathology of the removed kidney showed membranous nephropathy (MN) accompanied with clear cell renal cell carcinoma (RCC). Nephrectomy did not ameliorate nephrotic syndrome effectively and oral steroid administration was required for the treatment. Although MN is known to be commonly associated with malignancy, there are only 7 case reports describing association of MN with RCC. There is only one case report which showed complete remission of nephrotic syndrome after nephrectomy. We experienced a rare case with MN and RCC. It is essential to investigate the relationship between histological findings and the clinical course for the better understanding of the pathogenesis of tumor-associated MN.

著者

藤本 清秀 奈良県立医科大学医学部泌尿器化学
平尾 佳彦 奈良県立医科大学医学部泌尿器化学
斎藤 能彦 奈良県立医科大学第一内科
平尾 佳彦 奈良県立医科大学
赤井 靖宏 奈良県立医科大学教育開発センター
斎藤 能彦 奈良県立医科大学第1内科
浅井 修 奈良県立医科大学循環器・腎臓・代謝内科
浅井 修 奈良県立医科大学第1内科
椎木 英夫 宇陀市立病院内科
吉本 宗平 奈良県立医科大学第1内科学教室
中谷 公彦 奈良県立医科大学第1内科学教室
西野 俊彦 奈良県立医科大学第1内科学教室
岩野 正之 奈良県立医科大学第1内科学教室
椎木 英夫 榛原町立榛原病院
多武保 光宏 奈良県立医科大学泌尿器科学教室
中谷 公彦 奈良県立医科大学第一内科
藤本 清秀 奈良県立医科大学 泌尿器科
赤井 靖宏 奈良県立医科大学第一内科
多武保 光宏 杏林大学医学部付属病院泌尿器科
岩野 正之 奈良県立医科大学循環器・腎臓内科
椎木 英夫 榛原町立榛原総合病院内科
椎木 英夫 奈良県立医科大学第1内科
斎藤 能彦 奈良県立医科大学循環器内科
赤井 靖宏 奈良県立医科大学 卒後臨床研修センター
中谷 公彦 奈良県立医科大学第1内科
岩野 正之 奈良県立医科大学第1内科

関連論文

▼もっと見る