ヒト肝細胞癌ならびにメラノーマで高発現する癌胎児性抗原glypican-3を標的とした免疫療法モデルの研究

元データ 2006-03-05 社団法人日本外科学会

著者

別府 透 熊本大学消化器外科
小森 宏之 熊本大学消化器外科
馬場 秀夫 熊本大学消化器外科
本村 裕 国立がんセンター東病院臨床開発センター先端医療開発室
中面 哲也 熊本大学大学院医学薬学研究部・免疫識別学分野
中面 哲也 熊本大学 大学院医学薬学研究部免疫識別学分野
生田 義明 熊本大学消化器外科
生田 義明 健康保険八代総合病院外科
原尾 美智子 栃木県立がんセンター外科
原尾 美智子 熊本大学消化器外科
西村 泰治 熊本大学免疫識別
中面 哲也 熊本大学免疫識別
保坂 征司 国立病院熊本医療センター外科
保坂 征司 熊本大学消化器外科
本村 裕 熊本大学消化器外科
千住 覚 熊本大学免疫識別学
原尾 美智子 栃木県立がんセンター 消化器外科
千住 覚 熊本大学大学院医学薬学研究部免疫識別学
西村 泰治 熊本大学大学院医学薬学研究部免疫識別学
西村 泰治 熊本大学 大学院生命科学研究部消化器外科学分野
馬場 秀夫 熊本大学消化器外
別府 透 熊本大学消化器外
生田 義明 熊本大学消化器外

関連論文

▼もっと見る