Baloon-occluded, percutaneous and ipsilateral transhepatic portal embolization can provide an excellent therapeutic efficacy for liver tumors without serious complications

元データ 2006-03-05 社団法人日本外科学会

著者

別府 透 熊本大学消化器外科
増田 稔郎 熊本大学消化器外科
高森 啓史 熊本大学消化器外科
馬場 秀夫 熊本大学消化器外科
広田 昌彦 熊本大学大学院医学薬学研究部消化器外科
岡部 和利 NTT西日本九州病院外科
石河 隆敏 熊本大学消化器外科
杉山 眞一 熊本大学消化器外科
広田 昌彦 熊本大学消化器外科
金光 敬一郎 熊本大学消化器外科
高橋 将史 熊本大学消化器外科
古賀 宣勝 国立がんセンター東病院がん治療開発部:熊本大学大学院消化器外科学
古賀 宣勝 熊本大学消化器外科
岡部 和利 熊本大学消化器外科

関連論文

▼もっと見る