SF-081-1 手術侵襲により誘導されたメディエーターの制御の意義について : 特に手術切除域における浸潤白血球と術後遺残癌細胞の側面から(第107回日本外科学会定期学術集会)

元データ 2007-03-10 社団法人日本外科学会

著者

別府 透 熊本大学消化器外科
高森 啓史 熊本大学消化器外科
馬場 秀夫 熊本大学消化器外科
宮成 信友 熊本大学消化器外科
蒲原 英伸 熊本大学大学院消化器外科学
石河 隆敏 熊本大学消化器外科
金光 敬一郎 熊本大学消化器外科
蒲原 英伸 熊本大学消化器外科
杉田 裕樹 熊本大学消化器外科
廣田 昌彦 熊本大学消化器外科
廣田 昌彦 熊本大学第2外科
広田 昌彦 熊本大学大学院医学薬学研究部消化器外科学
広田 昌彦 熊本大学 医学部 第二外科
蒲原 英伸 熊本大学 医学部第二外科
廣田 昌彦 熊本地域医療センター外科
宮成 信友 国立病院熊本医療センター外科
杉田 裕樹 熊本大学第2外科
杉田 裕樹 熊本市民病院外科
吉村 禎造 NIH, NCI-Frederick
永井 洋平 熊本大学消化器外科
吉村 禎造 Nih Nci-frederick
広田 昌彦 熊本大学 医学部消化器外科
宮成 信友 国立病院機構熊本医療センター外科
馬場 秀夫 熊本大学消化器外
別府 透 熊本大学消化器外

関連論文

▼もっと見る