CMAアダプティブアレーの評価実験

元データ 1995-03-27 社団法人電子情報通信学会

概要

移動通信におけるフェージング対策の1つとしてCMAアダプティブアレーに関する様々な検討が行われているが,ほとんどの場合,アンテナ素子は無指向性であると仮定している.しかし,自動車などの移動体にアンテナを措置する場合,素子指向性は車体等は影響を強く受けるため,全ての素子指向性を無指向とすることは困難である.本報告では,アンテナ素子が無指向性でない場合にもCMAアダプティブアレーにより不要波の抑圧が可能であるが実験的に検討した結果を示す.

著者

佐藤 和夫 (株)豊田中央研究所エレクトロニクス部
藤元 美俊 (株)豊田中央研究所 情報通信研究室
藤元 美俊 豊田中央研究所
西川 訓利 (株)豊田中央研究所
西川 訓利 豊田中央研究所移動通信研究室
佐藤 康夫 (株)豊田中央研究所
藤元 美俊 豊田中研
佐藤 和夫 (株)豊田中央研究所

関連論文

▼もっと見る