泌尿器科領域における癌性疼痛の対策 : 特にモルヒン内服について

元データ 社団法人日本泌尿器科学会

概要

昭和56年4月から昭和61年3月までの泌尿器科の悪性腫瘍末期患者31名に,鎮痛のため塩酸モルヒンを経口投与した.20〜30mg/日より始めて2日毎に増量し,鎮痛する量を決めた.投与法は4時間毎,1日6回を厳守した.22例が鎮痛され有効率は71%であった.投与量は最小20mg/日,最大150mg/日,1日平均53mg,投与日数は最短3日,最長265日,平均74日であった.200日以上投与の4例を除くと平均51日であった.副作用は便秘,嘔吐,傾眠,幻覚などであったが重篤ではなかった.疼痛が軽くなると,休薬,減量も可能で,肉体的,精神的依存性は全くみとめられたかった,癌性疾痛に麻薬の適量はない.鎮痛が得られるまで大胆に使用してよい.死を目前にした50日間を疼痛で苦しまないように十分麻薬を使用し,人生の最後を安らかに迎えられるように援助したい.

著者

黒子 幸一 聖マリアンナ医科大
山越 昌成 聖マリアンナ医科大
星野 孝夫 聖マリアンナ医科大
矢島 通孝 聖マリアンナ医科大
長田 尚夫 聖マリアンナ医科大
高橋 剛 聖マリアンナ医科大学泌尿器科
高橋 剛 聖マリアンナ医科大学泌尿器科学
工藤 治 相模原協同病院泌尿器科
大山 登 横浜第一病院泌尿器科
工藤 治 聖マリアンナ医科大学 泌尿器科
大山 登 聖マリアンナ医科大
田中 一成 相模原協同
浜尾 巧 聖マリアンナ医大
吉尾 正治 聖マリアンナ医大
井上 武夫 聖マリアンナ医大
黒田 俊 聖マリアンナ医大
中野 勝 聖マリアンナ医科大学泌尿器科学教室
黒田 俊 黒田
浜尾 巧 徳島大学医学部泌尿器科学教室
矢島 通孝 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院泌尿器科
井上 武夫 聖マリアンナ医科大学泌尿器科学教室
星野 孝夫 聖マリアンナ医科大学泌尿器科学教室
星野 孝夫 聖マリアンナ医科大学 消化器肝臓内科
中野 勝 神奈川県立がんセンター
中野 勝 聖マリアンナ医科大学泌尿器科学
黒子 幸一 聖マリンナ医科大学泌尿器科学教室
田中 一成 相模原協同病院泌尿器科
山越 昌成 聖マリアンナ医科大学東横病院泌尿器科
黒子 幸一 聖マリアンナ医科大学 泌尿器科学教室
山越 昌成 山越泌尿器クリニック
長田 尚夫 聖マリアンナ会東横病院泌尿器科

関連論文

▼もっと見る