針治療後に発症した激症型A群レンサ球菌感染症(Toxic shock-like syndrome)の1例

元データ 1998-07-20

著者

永武 毅 長崎大学熱帯医学研究所内科および関連施設
大石 和徳 長崎大学熱帯医学研究所内科
大石 和徳 長崎大学熱帯医学研究所 感染症予防治療分野
永武 毅 桜みちクリニック
永武 毅 長崎大学熱帯医学研究所
渡辺 貴和雄 長崎大学 熱帯医学研究所 感染症予防治療分野
鬼塚 智子 医療法人保善会田上病院内科
渡辺 貴和雄 長崎大学熱帯医学研究所内科
菅 和男 祥仁会西諌早病院外科
千馬 正敬 長崎大学熱研病理
池田 徹 長崎労災病院アスベスト疾患ブロックセンター
菅 和男 祥仁会西諌早病院
千馬 正敬 長崎大学病原発現機序研究分野
鬼塚 智子 長崎大学熱帯医学研究所感染症予防治療分野(熱研内科)
池田 徹 長崎大学熱帯医学研究所感染症予防治療分野(熱研内科)
千馬 正敬 長崎大学熱帯医学研究所
池田 徹 長崎労災病院内科

関連論文

▼もっと見る