血清中CA19-9が高値を示し, 開胸肺生検組織で局在を証明した特発性間質性肺炎の1例

元データ 1997-05-25

著者

安藤 正幸 熊本大学第1内科
興梠 博次 熊本大学第1内科
土井 俊徳 熊本大学医学部第一内科および関連施設
税田 直樹 熊本大学医学部第一内科
税田 直樹 熊本大学 医呼吸器内
税田 直樹 熊本大学医学部附属病院呼吸器内科
税田 直樹 熊本大学医学部第1内科
菅 守隆 東京専売病院
菅 守隆 熊本大学 第1内科
菅 守隆 済生会熊本病院 呼吸器センター
菅 守隆 熊本大学第一病理
彌永 和宏 NTT西日本九州病院呼吸器内科
土井 俊徳 東京専売病院
税田 直樹 熊本大学第一内科
山崎 寿人 熊本大学第一内科
伊藤 清隆 熊本労災病院内科
伊藤 清隆 熊本労災病院 皮膚科
杉山 みどり 熊本大学第1内科
弥永 和宏 熊本大学第1内科
土井 俊徳 熊本労災病院内科
山口 哲郎 荒尾市民病院内科
菅守 隆 熊本大学医学部第一内科
菅 守隆 熊本大学
山口 哲朗 熊本大学 医呼吸器内
山崎 寿人 熊本大学第1内科
菅 守隆 熊本大学第一内科
菅 守隆 熊本大学第1内科

関連論文

▼もっと見る