ソフトウェア開発におけるデザイナーとエンジニアの協調:- 集合住宅コミュニティ形成支援のための情報システムを事例として

元データ 日本デザイン学会 著者(集計中)

概要

高度な専門性をもつソフトウェア技術者等の不足が問題視されている。その不足という状況は、エンジニアだけでなく、ソフトウェア開発に関わるデザイナーにも当てはまる。それを解決するための手段のひとつとして、エンジニアと協調しソフトウェア開発を行えるデザイナーの育成が有効であると考えた。 本稿では、「グループ活動提示ツール」のプロトタイプ・ソフトウェア開発を事例に、「エクストリーム・プログラミング(XP)」というコーディングを中心的活動とする開発手法の実践を報告する。そして6週間(1.5人月)という短期間で行われたエンジニアとデザイナーとの協調について述べる。

日本デザイン学会 関連論文

▼すべて見る

ピックアップ論文