欧米人(青い眼)の視認性の研究について:ヘッドアップディスプレイの視認性に影響を及ぼす要因について

元データ 日本デザイン学会 著者(集計中)

概要

研究の目的は、ヘッド・アップ・ディスプレイの視認性の実験をおこない、ヨーロッパ人や米国人(青い眼)の視認性を明らかにすることである。<BR>被験者は、上智大学の教員及び学生で、アメリカ人24名、ドイツ人9名、イギリス人8名、スウエーデン人4名など合計60名を対象におこなった。<BR>実験方法は、「俯角」「輝度コントラスト」「表示距離」「表示サイズ」「色波長」の5要因に3水準を設定したスネレン視力表を、表示してから認識するまでの時間を測定した。<BR>実験結果では、「輝度コントラスト」と「表示サイズ」が最も視認性に影響した。認識しやすい輝度コントラストは0.3以上であった。また、大きい表示サイズほど認識しやすく、20-30歳代と60-70歳代では0.4sec以上の差があった。

日本デザイン学会 関連論文

▼すべて見る

ピックアップ論文