DS/CDMA方式における信号部分区間に基づくブラインド型適応フィルタの構成

元データ 2009-12-01

概要

DS/CDMA方式において,伝送効率を改善するためにパイロット信号を用いない信号部分空間に基づいたブラインド型のMMSE受信機が提案されている.しかし,ブラインド型は推定精度の低さから,パイロット型と比較してBER特性の劣化が問題となる.そこでこの問題を解決するために,射影法(projection method)と呼ばれる手法を用いて,信号部分空間の直交補空間成分の除去を行い,処理次元の低減と特性の改善を図る.また,先に,同様の問題に対して,次元圧縮適応フィルタを用いる方式を提案したが,本論文ではこの次元圧縮適応フィルタを用いた場合との比較評価を行い,BER特性により提案するフィルタの有効性を明らかにする.

著者

大竹 孝平 法政大学工学部
市川 剛士 法政大学工学部
高橋 智一 法政大学工学部
市川 剛士 東京都警察情報通信部

関連論文

▼もっと見る