歴史的市街地における低未利用家屋の継続要因と再生方策 : 広島県福山市鞆町を事例として(都市計画)

元データ 2006-12-20

概要

In historical cites, there are many unused or inappropriately used houses because of decreasing population. Therefore, the purpose of this paper is to clarify the reason why these houses have been vacant for a long time and find out the method of renovation. Many owners of vacant houses have intention to reuse these houses, but most of them meet financial problem. There are several houses that were converted into non-living use successfully. In these cases, town manager has helped owner to rent or sell their house. Thus, town manager plays an important role in renovation work.

著者

中島 直人 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
鈴木 智香子 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程
中島 直人 東京大学大学院
鈴木 智香子 東京大学大学院工学系研究科
鈴木 智香子 東京大学大学院工学系研究科博士課程
鈴木 智香子 東京大学大学院修士課程
西原 まり 東京大学大学院工学系研究科修士課程
江口 久美 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程
江口 久美 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程:フランス国立社会科学高等研究院領域・社会・開発学部博士準備課程:日本学術振興会特別研究員
西原 まり 東京大学大学院工学系研究科 修士課程

関連論文

▼もっと見る