ライフスタイル方式とエクササイズ方式による身体活動介入の長期効果

元データ 2006-04-01 日本体力医学会

概要

To promote habitual participation in physical activity, a 3-month program for lifestyle physical activity intervention (L group) and structured exercise intervention (E group) was carried out in a community in Okayama Prefecture. One year later, we compared the two intervention groups in terms of cost-effectiveness and behavioral change in habitual physical activity. A total of 250 subjects voluntarily participated in the lifestyle physical activity intervention; and a total of 42 subjects participated in the structured exercise intervention. The number of participants decreased to 115 (46%) and 21 (50%), respectively, one year later. However, the proportion of subjects who practice endurance exercise increased significantly in both L and E groups; and an additional 35 subjects (30%) started to practice endurance exercise in L group and 5 (24%) in E group after the interventions. The cost-effectiveness for a person newly starting the endurance exercise practice in the L group intervention was 29,206yen; and the E group intervention was 124,731yen, a ratio of 1/4.3. The study suggests that the cost-effectiveness for the lifestyle physical activity intervention was 4 times better than the structured exercise intervention.

著者

宮武 伸行 岡山県南部健康づくりセンター
鈴木 久雄 岡山大学スポーツ教育センター
高橋 香代 岡山大学大学院教育学研究科
高橋 香代 岡山大学教育学部
汪 達紘 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野
西河 英隆 岡山県南部健康づくりセンター
鈴木 久雄 岡山大学教育学部
西田 裕子 岡山大学大学院医歯学総合研究科
藤井 昌史 川崎医科大学健康管理学
藤井 昌史 岡山県南部健康づくりセンター
鈴木 久雄 岡山大学 教育学部
鈴木 久雄 岡山大学
高橋 香代 日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会
汪 達紘 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学分野
汪 達紘 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野
藤井 昌史 川崎医科大学 健康管理学
高橋 香代 岡山大 大学院教育学研究科
宮武 伸行 岡山県南部健康づくりセ
藤井 昌史 川崎医科大学 健康管理学

関連論文

▼もっと見る