移動体通信プロトコルMobile IPv6の実用性の検証

元データ 2001-09-06 一般社団法人情報処理学会

概要

移動体計算機がインターネット上のネットワーク間を移動しても、一つのIPアドレスで通信を継続することを支援する移動体通信プロトコルとしてMobule IPv6やLocation Independent Network for IPv6が提案されている。しかし、現状では移動体通信プロトコルの実装を十分に評価した事例がなく、利用者がどの実装を利用するかを選択するための指標が存在しない。本稿では現在公開されているMobile IPv6及びLocation Independent Network for IPv6実装の性能を測定し、個々の実装の優れている点や実装が不十分であると考えられる点を整理した。結果、どの実装においても移動体通信プロトコルとして十分使用することが可能であることが確認できた。

著者

村井 純 慶應義塾大学環境情報学部
村井 純 慶應義塾大学
植原 啓介 慶應義塾大学環境情報学部
植原 啓介 慶應義塾大学
湧川 隆次 慶應義塾大学 政策・メデイア研究科
植原 啓介 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
小柴 晋 慶應義塾大学総合政策学部
湧川 隆次 慶應義塾大学

関連論文

▼もっと見る