土壌水分ヒステリシスが飽和・不飽和浸透流に及ぼす影響

元データ 2011-02-28

概要

ガラスビーズを充填した土槽の左右境界の水位差を一定に保ちながら段階的に水位を変化させることにより、土壌水分ヒステリシスが飽和・不飽和浸透流に及ぼす影響を調べる実験を行った。実験においては、各段階で流れが定常になったあと飽和および不飽和部にトレーサーを注入し、トレーサーの移動を追跡した。本実験により、境界水位が等しい場合でも、排水過程と吸水過程で飽和・不飽和浸透流の流動パターンが大きく異なることが明らかになった。一方、土壌水分ヒステリシスが水分分布やトレーサーの移動経路に及ぼす影響を定量的に評価するため、実験条件でヒステリシスを考慮した飽和・不飽和浸透流の数値解析を行い、実験で求めることができなかった流速ベクトルや流跡線を計算し、ヒステリシスの影響を定量的に評価した。

著者

藤縄 克之 信州大学工学部土木工学科
渡邉 紹裕 総合地球環境学研究所
渡辺 紹裕 総合地球環境学研究所
渡辺 紹裕 人間文化研究機構総合地球環境学研究所研究部
藤縄 克之 信州大学工学部
長谷川 純也 信州大学工学部
江澤 静一郎 東京都下水道局
豊田 富晴 信州大学工学部

関連論文

▼もっと見る