2. X染色体の不活化モザイク現象による自己反応性T細胞の選択

元データ 1998-04-09

著者

坂根 剛 聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター
岳野 光洋 聖マリアンナ医科大学免疫学・病害動物学教室
岳野 光洋 聖マリアンナ医科大学 医学部 脳神経外科学
岳野 光洋 横浜市立大学大学院医学研究科病態免疫制御内科学
坂根 剛 聖マリアンナ医科大学 泌尿器科学
坂根 剛 聖マリアンナ医大・免疫・病害
岳野 光洋 横浜市立大学附属病院リウマチ・血液・感染症内科

関連論文

▼もっと見る