日本法律化協会民事判例研究会判例研究 前訴において相手方が虚偽の事実を主張し裁判所を欺罔して勝訴の確定判決を取得したことを理由として不法行為に基づく損害賠償をすることが許されないとされた事例[最高裁平成22.4.13判決]

著者

安達 英司 成城大学法学部

関連論文

▼もっと見る