肺野多発陰影,縦隔リンパ節腫大および左気管支内腔に腫瘤性病変を認めたIgG4関連肺疾患の1例

元データ 2010-11-25

概要

背景.IgG4関連肺疾患は近年提唱された新しい疾患でその概念は未だ確立していない.症例.65歳,男性.胸部異常影にて受診.肺門縦隔リンパ節腫大と左上大区気管支内腔の腫瘤を認めたが,精査を希望されず経過観察していた.病変は緩徐に増大し,末梢血好酸球増多,両側肺野多発浸潤影とすりガラス影の出現を認め精査を施行.気管支肺胞洗浄液にて好酸球分画の軽度上昇,経気管支肺生検で細気管支周囲を主体に好酸球,リンパ球の浸潤を認めた.肺野陰影は自然消退したが,気管支内腔ポリープは残存したため気管支鏡下腫瘍切除術を施行.増生した線維組織とリンパ形質細胞と好酸球の浸潤を認めた.免疫染色にてIgG4陽性形質細胞を多数認め,血清IgG4高値とあわせてIgG4関連肺疾患と診断した.結語.多彩な気管支肺病変と好酸球増多を示したIgG4関連肺疾患は稀であり文献的考察を加え報告した.

著者

遠藤 俊輔 自治医科大学附属さいたま医療センター呼吸器外科
山本 真一 自治医科大学呼吸器外科
中曽根 悦子 自治医科大学呼吸器内科
藤澤 朋幸 自治医科大学呼吸器内科
間藤 尚子 自治医科大学呼吸器内科
中屋 孝清 自治医科大学呼吸器内科
山沢 英明 自治医科大学呼吸器内科
坂東 政司 自治医科大学呼吸器内科
杉山 幸比古 自治医科大学呼吸器内科
坂東 政司 自治医科大学 呼吸器内科学 教室
遠藤 俊輔 自治医科大学 呼吸器外科
間藤 尚子 自治医科大学アレルギー研究所
山沢 英明 自治医科大学医学部内科学講座呼吸器内科部門
山本 真一 自治医科大学附属さいたま医療センター 呼吸器外科
山本 真一 自治医科大学胸部外科
杉山 幸比古 自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門
遠藤 俊輔 自治医科大学外科学講座呼吸器外科学部門
山本 真一 鳥取大学工学部土木工学科
遠藤 俊輔 自治医科大学付属さいたま医療センター呼吸器外科
山本 真一 自治医科大学外科学講座呼吸器外科部門
杉山 幸比古 自治医科大学附属病院呼吸器内科
山沢 英明 自治医科大学附属病院呼吸器内科
坂東 政司 自治医科大学附属病院呼吸器内科
中曽根 悦子 自治医科大学附属病院呼吸器内科
中屋 孝清 自治医科大学附属病院呼吸器内科
山本 真一 自治医科大学外科学講座呼吸器外科学部門
山沢 英明 自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門
杉山 幸比古 自治医科大学
山沢 英明 自治医科大学 内科学講座 呼吸器内科学部門
坂東 政司 自治医科大学 内科学講座 呼吸器内科学部門
間藤 尚子 自治医科大学 内科学講座 呼吸器内科学部門
山沢 英明 自治医大内科学講座呼吸器内科学部門
坂東 政司 自治医大内科学講座呼吸器内科学部門
中屋 孝清 自治医科大学 内科学講座 呼吸器内科学部門
中屋 孝清 自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門
山本 真一 自治医科大学医学部外科学講座呼吸器外科学部門

関連論文

▼もっと見る