抵抗温度特性変化を利用したCFRP平板の統計的層間はく離検出

元データ 2010-07-25

概要

The previous study employs delamination detection in CFRP laminates using electrical resistance change. To prevent electrical resistance changes caused by damages of electrical contact at electrodes, a new method using temperature characteristic of resistance is developed here. CFRP laminates are heated up by applying electric currents through the electrodes mounted on the surface of the CFRP plates. When the delamination occurs, the electrical resistance change caused by the temperature rising becomes different from that of other intact parts. A statistical analysis method discriminates the changes. The electrical resistance changes caused by the damage of electrodes do not affect the temperature characteristic of the measured resistance. The present study employs the new method for the delamination detection of quasi-isotropic-plied CFRP plates. The detection limit of the method is experimentally investigated, and the effect of electrode damage on the diagnosis is discussed here.

著者

轟 章 東京工業大学大学院理工学研究科
鈴木 良郎 東京工業大学大学院理工学研究科
高橋 航圭 カリフォルニア大学ロサンゼルス校工学部
水谷 義弘 東京工業大学機械物理工学専攻
松崎 亮介 東京工業大学機械物理工学専攻
轟 章 東京工業大学
水谷 義弘 東工大
轟 章 東工大工
松崎 亮介 東京工大 大学院理工学研究科
松崎 亮介 東京工業大学大学院理工学研究科
轟 章 東京工業大学機械物理工学専攻
水谷 義弘 東京工業大学大学院理工学研究科
松崎 亮介 東京工業大学
鈴木 良郎 東京工業大学
水谷 義弘 東京工業大学 機械物理工学専攻
水谷 義弘 東京工業大学

関連論文

▼もっと見る