自然気胸に対する胸腔鏡手術の特徴 : 開胸手術との比較

元データ 1996-03-15 特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会

概要

自然気胸の106例の患者に対して行ったのべ117件の手術を開胸手術群,胸腔鏡手術群,胸腔鏡手術から開胸手術に変更した群の3群に分類して,それぞれについて手術時間,出血量,ドレナージ期間,術後在院期間を調べ,比較検討した.胸腔鏡手術による自然気胸の治療は手術時間,ドレナージ期間,術後在院期間が有意に短く,出血量も有意に少なかった.

著者

杉町 圭蔵 九州大学医学部第二外科
石田 照佳 広島赤十字・原爆病院外科
斎藤 元吉 公立学校共済九州中央病院外科
西岡 憲一 国立病院九州がんセンター呼吸器部
斉藤 元吉 公立学校共済組合九州中央病院外科
光冨 徹哉 九州大学第2外科
光富 徹哉 九州大学医学部 第2外科
光冨 徹哉 九州大学医学部第2外科学
石田 照佳 広島赤十字・原爆病院 外科:広島肺癌補助療法グループ
斉藤 元吉 九州大学医学部第二外科
丸山 理一郎 九州大学医学部第2外科
西岡 憲一 九州大学医学部第2外科
八板 英道 けご病院 外科
八板 英道 けご病院外科
丸山 理一郎 佐賀県立病院好生館呼吸器外科
石田 照佳 広島赤十字病院 外科
杉町 圭蔵 九州大学医学部第2外科

関連論文

▼もっと見る