肺原発淡明細胞腫の一例

元データ 2008-11-15 特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会

概要

非常に稀な肺原発の腫瘍である淡明細胞腫の1例を経験した.症例は60歳の女性で,検診で胸部異常陰影を指摘された.診断および治療目的で胸腔鏡下右肺部分切除を行った.病理所見では,淡明な胞体を有する細胞が胞巣状に密に増殖し,間質には毛細血管が増生し,類洞様血管に囲まれていた.特殊染色はPAS陽性,免疫染色ではMelan A陽性であり,淡明細胞腫と診断した.病理学的には腎の淡明細胞癌の転移も完全には否定できなかったが,腹部CT上明らかな腎病変がないことから肺原発の淡明細胞腫と考えられた.

著者

神頭 徹 天理よろづ相談所病院 呼吸器外科
長澤 みゆき 天理よろづ相談所病院 呼吸器外科
大角 明宏 天理よろづ相談所病院 呼吸器外科
寺西 潔 天理よろづ相談所病院呼吸器外科
北村 将司 天理よろづ相談所病院呼吸器外科
北村 将司 天理よろづ相談所病院呼吸器外科:(現)滋賀医科大学付属病院呼吸器外科
神頭 徹 天理よろづ相談所病院 呼吸器外科
神頭 徹 天理よろづ病院
長沢 みゆき 天理よろづ病院

関連論文

▼もっと見る