複合円筒の振動について ( 変位、曲げモーメント, せん断力 )

元データ 1972-01-20 山形大学

概要

Abstract The radial displacement, the bending moment and the shearing force are studied in the vibration of a combined cylindrical shell. The combined cylindrical shell consists of two cylindrical shells combined lengthwise, of which the radii are equal to each other while the thicknesses are different. The result is shown in graphs and compared with values of the uniform cylindrical shell.  二個の半径が等しく厚さは異なる円筒を縦につないだ系(複合円筒)の振動数を著者らは前に求めたが,続いて本論文では複合円筒の変位,曲げモーメント,せん断力の分布を調べた。複合円筒は,両端固定または厚い方の円筒の一端を固定,薄い方の円筒の一端は自由としている。この種の問題は大型の液休容器(石油タンクなど)や煙突の振動にみられる。数値計算は周方向の波の数(n)が3の場合の変位,まげモーメント,せん断力を求めまた,同じ振動数で厚さが複合円筒の厚い方の円筒に等しい単一円筒と比較じた。

著者

高橋 伸 山形大学工学部
鈴木 勝義 山形大学工学部
平野 芳太郎 山形大学工学部
平野 芳太郎 工学部機械工学科

関連論文

▼もっと見る