高出力(80W) KTPレーザーを用いた前立腺蒸散術(PVP)の経験 : 本邦初57例の短期成績

元データ 2006-11-20

概要

(目的)80W KTP (potassium-titanyl-phosphate)レーザー(GreenLight PV^[○!R] surgical Laser System, American Medical Systems, Minnetonka, Minnesota)を用いた前立腺肥大症に対する光選択式前立腺蒸散術(PVP)は術中出血が少なく,手術翌日の尿道カテーテルの抜去が可能である.今回,当院において,本邦で初めてPVPを導入し,良好な治療成績を得られたので報告する.(対象と方法)2005年4月から同年10月までに前立腺肥大症による下部尿路症状を有し当院にてPVPを施行した患者66名のうち術後6カ月までの経過観察が可能であった57名を対象とした.原則として術前検査を外来にて施行の上,入院当日にPVPを施行した.麻酔は全身麻酔が7名で残りは腰椎麻酔のみで施行した.還流液には生理食塩水を使用し,術後は18Fr.尿道カテーテルを留置し,牽引・持続洗浄は施行せずに翌日これを抜去することとした.術前,術後2週,1カ月,3カ月,6カ月の時点における国際前立腺症状スコア(IPSS),QOLスコア,最大尿流量率(Qmax),残尿量(RUV)を評価した.また術前および術後3カ月での前立腺体積,PSA値も測定した.(結果)すべての症例で術中合併症を認めることなく手術を施行可能であった,抗血小板薬内服下に手術を施行した1名が術後2日目に尿道カテーテルを抜去した以外は,全例で術翌日の抜去が可能であった.術前,術後2週,1カ月,3カ月,6カ月の時点におけるIPSSは20.2±8.9から11.4±7.8, 9.3±6.0, 6.6±5.0, 6.1±5.0と有意に低下した,また最大尿流量率(ml/s)は7,2±2,9からそれぞれ13.6±7.6, 12.2±6.1, 15.3±7.4, 15.3±7.5と有意に増加した.輸血,術後のカテーテル牽引,持続洗浄を要した症例はなく,術後合併症では一過性の尿閉が2例,排尿時痛を4例に認めた.(結論)80W KTPレーザーを用いた前立腺肥大症に対する光選択式前立腺蒸散術(PVP)の安全性と有効性を示した.

著者

杉村 芳樹 三重大学大学院医学系研究科腎泌尿器外科学
今村 哲也 三重大学大学院医学系研究科腎泌尿器外科学
黒松 功 名古屋セントラル病院
杉村 芳樹 三重大学大学院医学系研究科 腎泌尿器外科学分野
黒松 功 名古屋セントラル病院泌尿器科
杉村 芳樹 三重大学大学院医学系研究科腎泌尿器外科

関連論文

▼もっと見る