妊娠女性の計測データに基づく簡易形状腹部モデルを用いたSAR評価(生体関連)

元データ 2004-01-13

概要

携帯通信機器の急速な普及に伴い,様々な通信形態における生体内のSAR評価が不可欠となっている.本稿では,150MHz帯業務無線端末用アンテナが妊娠女性の腹部近傍で使用された場合の胎児への電磁波曝露量評価用として,MRI画像の計測データに基づく妊娠女性の簡易形状腹部モデルを提案する.また,150MHz帯0.18λショートダイポールアンテナを近接した際の腹部モデル内SARをFDTD法により算出する.その結果,最悪条件を想定したアンテナを胴体前面に配置した場合においても,胎児へのSARは国内の局所SAR指針値に対して十分適合していることを確認した.

著者

齊藤 一幸 千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センター
小川 晃一 松下電器産業株式会社ネットワーク開発センター
伊東 久夫 千葉大学大学院医学研究院
斉藤 正好 千葉大学大学院医学研究院放射線医学
伊藤 公一 千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センター
斉藤 正好 千葉大学 医学部放射線医学
伊東 久夫 千葉大学大学院医学研究院放射線医学
伊東 久夫 千葉大学 医学部放射線医学
植田 琢也 筑波大学臨床医学系放射線医学
小柳 芳雄 パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)
河井 寛記 情報通信研究機構
河井 寛記 千葉大学大学院自然科学研究科
吉村 博幸 千葉大学工学部電気電子工学科
植田 琢也 筑波大学 臨床医学系 放射線医学
植田 琢也 千葉大学大学院医学研究院放射線腫瘍学
横田 俊裕 千葉大学大学院自然科学研究科
河合 寛記 千葉大学 工学部
小柳 芳雄 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
吉村 博幸 千葉大学工学部 都市環境システム学科
河井 寛記 独立行政法人情報報通信研究機構
小川 晃一 松下電器産業
河井 寛記 独立行政法人情報通信研究機構
伊藤 公一 千葉大学フロンティァメディカルエ学研究開発センター:千葉大学大学院自然科学研究科

関連論文

▼もっと見る