急性大動脈解難後に発症した間歇性跛行に経皮敵総腸骨動脈形成術(PTA+stent)かと著効した一例(第94回日本循環器学会九州地方会)

元データ 2003-10-20 社団法人日本循環器学会

著者

本田 喬 済生会熊本病院循環器科
澤村 匡史 済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科
堀内 賢二 済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科
中尾 浩一 済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科
本田 喬 済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科
本田 喬 済生会熊本病院循環器内科
本田 喬 済生会熊本病院
野崎 勝宏 済生会熊本病院心臓血管センター循環器科
厚地 伸彦 済生会熊本病院心臓血管センター循環器科
新井 清仁 済生会熊本病院心臓血管センター循環器科
牧 明 済生会熊本病院心臓血管センター
片山 直之 済生会熊本病院 心臓血管センター
上園 幸作 済生会熊本病院心臓血管センター
牧 明 済生会熊本
堀内 賢二 済生会熊本病院 心臓血管センター
堀内 賢二 済生会熊本病院
堀内 賢二 済生会熊本病院 心臓血管センター内科
中尾 浩一 済生会熊本病院
片山 直之 済生会熊本病院心臓血管センター
野崎 勝宏 済生会熊本病院心臓血管センター
中尾 浩一 済生会熊本病院看護部心臓血管センター循環器科
澤村 匡史 済生会熊本病院

関連論文

▼もっと見る