帝政末期のヴャートカ県保育界の動向 ; 県の概要と二元的な保育施設の誕生を中心に

元データ 長崎大学

概要

先の拙稿では帝政ロシアのモスクワ, (サンクト)ペテルブルク両首都を対象に二元的な保育施設の誕生過程を素描した。本稿は, 筆者が関心を抱く他の対象ヴャートカ県(以下, ときに「県」と略す)について, 同じ試みをする。帝政期の県の保育施設はごくわずかであり, 県が保育史研究でとりあげられるのはまれなので, 最初に県の特徴などに論及する。

著者

村知 稔三 長崎大学教育学部

関連論文

▼もっと見る