ビスフォスフォン酸治療における免疫学的測定法を用いた尿中デオキシピリジノリンの臨床的有用性の検討

元データ 1998-07-07

著者

西沢 良記 大阪市立大学大学院医学研究科
森井 浩世 大阪市立大学第二内科
三木 隆己 大阪市立大学老年科・神経内科
川上 英孝 国立病院機構新潟病院内科
中 弘志 大阪市立大学大学院 医学研究科 老年内科学
中塚 喜義 大阪市立大学大学院医学研究科内分泌代謝病態内科学
三木 隆己 川崎医科大学 放射線医学(核医学)
三木 隆己 大阪市立大学 第2内科
北谷 香代子 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学
富吉 泰夫 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学
西沢 良記 大阪市大 大学院医学研究科
西沢 良記 大阪市立大学 大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学
中 弘志 札幌医科大学 医学部整形外科
中 弘志 大阪市立大医
川上 英孝 大阪市立大学医学部 老年科
森井 浩世 大阪市大
森井 浩世 大阪市立大学医学部 第二内科 教授
森井 浩世 阪市大医二内
三木 隆己 愛知学院大学 歯学部歯周病学講座
森井 浩世 大阪市立大学
西沢 良記 大阪市立大学 医学部疲労クリニカルセンター
北谷 香代子 大阪市立大学 大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学
富吉 泰夫 大阪市立大学 大学院医学研究科老年内科
西沢 良記 大阪市立大学第2内科
中塚 喜義 大阪市立大学 大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学

関連論文

▼もっと見る