冠動脈円錐枝の閉塞によりBrugada型心電図を呈し心室細動を発症した1例

概要

症例は71歳, 男性. 左冠動脈前下行枝閉塞による急性心筋梗塞で入院し, 第6病日に右冠動脈の残存病変に対して待機的に経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention; PCI)を施行した. 右冠動脈近位部へのステント留置直後より心電図上V1~2においてcoved型ST上昇をきたし, 造影ではステントでjailされた円錐枝の閉塞を認めた. そのほかの血管に造影遅延や閉塞はみられなかった. ST上昇は持続していたが, 胸痛がなく小血管であったため治療を終了した. 帰室約1時間後に突然, 心室細動(ventricular fibrillation; VF)を発症したが, 迅速な蘇生術により心拍は再開し, 第24病日に独歩退院した.<BR>近年, 右室流出路(right ventricular outflow tract; RVOT)を灌流する冠動脈円錐枝の単独虚血によりBrugada症候群に極めて類似した心電図変化が出現することが報告されている. 今回, われわれは冠動脈円錐枝の閉塞によりBrugada型心電図とそれに続く致死性不整脈を発症した症例を経験した. 右冠動脈近位部に対するPCI時には, 冠動脈円錐枝にも注意を払い, 右側胸部誘導のST上昇をきたした際には, 催不整脈性を示すRVOTの虚血が不整脈を誘発するリスクが高いことを念頭に置き, 心室性不整脈の発生にも十分注意すべきである.

著者

今井 雄太 済生会滋賀県病院
肌勢 光芳 済生会滋賀県病院循環器内科
内橋 基樹 済生会滋賀県病院
入江 大介 済生会滋賀県病院循環器内科
倉田 博之 済生会滋賀県病院循環器内科
中原 祥文 済生会滋賀県病院 循環器内科
中村 隆志 済生会滋賀県病院循環器内科

関連論文

▼もっと見る

検索論文

検索著者

浜本 幸子 芦屋大学
Yoshioka Toyokazu First Department o..
Yokota Tohru First Department o..
矢寺 顕行 徳山大学経済学部
Kochhar A. 東北大学大学院工学研究科