「全体化」と「類化」 : 並立助詞論、特に「と」・「や」を中心として

元データ 大東文化大学

概要

本稿ではある資料を参考にしながら、並立助詞、中でも主として「と」と「や」の本質について検討することとする。まず以下では、上記資料による「と」・「や」等の使用の現実について一瞥したい。なお同様の機能を果たしていると見られる符号類も視野に入れる。

著者

柏木 成章 大東文化大学別科日本語研修課程:大東文化大学外国学部日本語学科
柏木 成章 外国学部日本語学科

関連論文

大東文化大学 関連論文

▼すべて見る