在宅高齢者の生活支援要求に関する考察 : 東大阪市の街かどデイハウスが果たす役割を中心に

元データ 2007-04-30 社団法人日本建築学会

概要

The purpose of this study is to clarify the necessary supports for the elderly to staying at home as long as they want. This paper is intended to consider how demands for life support of the elderly appear as a decline in their ADL. For this objective, we conducted interview surveys to 13 elderly people who use "Machikado-Day-House" in Higashiosaka-city. The results are as follows; 1) To keep community life, "Machikado-Day-House" plays an important role for the elderly whose independent level is changing. 2) According as a decline in elderly people's ADL, demands for life support are extended.

著者

村田 順子 東大阪大学短期大学部 家政学科生活デザイン専攻
田中 智子 兵庫県立大学環境人間学部
瀬渡 章子 奈良女子大学生活環境学部
田中 智子 奈良女子大学生活環境学部
田中 智子 奈良女子大学
村田 順子 東大阪大学短期大学部
瀬渡 章子 奈良女子大学人間文化研究科
瀬渡 章子 奈良女子大学

関連論文

▼もっと見る