近傍界測定データを用いた液体中におけるアンテナ利得の決定(衛星通信,アンテナ伝播,一般)

元データ 2006-06-29 社団法人電子情報通信学会

概要

3GHz以上の周波数帯における携帯移動端末のSAR(比吸収率)を評価するために,300MHz-3GHzで利用されているSARプローブの較正法に代わる新しい較正法が必要となっており,筆者らはその開発に取り組んでいる.我々の較正法では,利得較正された基準アンテナを組織等価液剤中に設置し,Friisの伝達公式に基づき,アンテナ放射電界強度とSARプローブ出力電圧を関連づける.しかしながら,3GHz以上では,液剤中での電磁波の減衰が著しく,Friisの伝達公式の前提条件である遠方界領域における利得較正の実施が困難となる.この問題を解決するために,液剤中の近傍界において適用な可能なFriisの伝達公式の利用を試みた.本報告では,その適用結果について紹介し,その妥当性を検証する.

著者

渡辺 聡一 情報通信研究機構電磁波計測研究センター
石井 望 新潟大学
石井 望 新潟大学工学部
浜田 リラ 情報通信研究機構
佐藤 賢一 NTTアドバンステクノロジ
渡辺 聡一 情報通信研究機構
赤川 拓平 新潟大学大学院自然科学研究科

関連論文

▼もっと見る