肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法(RFA)による術後高アミラーゼ血症の意義

元データ 2003-04-30

著者

小川 道雄 熊本大学第二外科
高橋 将史 熊本大学消化器外科
小川 道雄 熊本大学医学部第二外科
石河 隆敏 熊本大学医学部附属病院 薬剤部
土居 浩一 宮崎県立延岡病院外科
別府 透 熊本大学医学部付属病院, 消化器外科
土居 浩一 熊本大学消化器外科
小川 道雄 熊本大学医学部第2外科
小川 道雄 熊本大学第2外科
小川 道雄 熊本大学 医学部 第二外科
小川 道雄 熊本大学消化器外科
小川 道雄 熊本大学 医学部消化器外科
小川 道雄 熊本大学 医学部 第二外科学 教室
土居 浩一 熊本大学医学部第二外科
高橋 将史 熊本大学医学部第二外科
甲斐 千春 熊本大学医学部第二外科
小川 道雄 熊本大学 第2外科
小川 道雄 熊本大学医学部外科学第二講座
小川 道雄 熊本大学医学部外科学第2講座

関連論文

▼もっと見る