沈埋トンネルの動的解析 : 模型振動実験と地震応答解析

元データ 1976-06-15 社団法人地盤工学会

概要

近年, わが国で建設が活発となってきた沈埋トンネルは一般に軟弱な地盤中に埋設されるため, 耐震安全性の十分な検討が必要不可欠である。ここでは, 東京湾岸道路沈埋トンネルと東京湾横断道路沈埋トンネルの計画案を参考にして, 沈埋トンネルおよびその周辺地盤を対象とした模型振動実験を行ない, また実験結果の検討のため実験振動モデルの主要な断面を二次元平面ヒズミ状態にモデル化し, 有限要素法による応答解析を行なった。結果は次のとおりである。(1)模型振動実験は地盤と沈埋トンネルの振動特性を三次元的には握するための有効な手段であるが, 実験結果の解釈にあたっては模型実験特有の問題について検討すべきである。(2)沈埋トンネルは一般に, 函軸直角方向には周辺の地盤の振動に従って振動し, 地震波の優勢な比較的低い振動数の範囲では沈埋トンネル独自の振動は現われないと考えられる。(3)二次元平面ヒズミ状態を想定した有限要素法による応答解析は, 減衰定数などを実験では相似させることが困難な条件の場合の振動特性を推定するためには有力な手法である。

著者

川島 一彦 建設省土木研究所 地震防災部 耐震研究室
岩崎 敏男 建設省土木研究所

関連論文

▼もっと見る