23138 損傷低減を目的としたエネルギー吸収型 X 型配筋 RC 梁の開発 : その 2 横拘束筋量をパラメーターとした検討

元データ 2002-08-02 社団法人日本建築学会

著者

島崎 和司 神奈川大学工学部建築学科
五十嵐 泉 神奈川大学工学部建築学科
島崎 和司 間組
島崎 和司 建設省:(株)間組
五十嵐 泉 神奈川大学大学院工学研究科建築学専攻
五十嵐 泉 神奈川大学

関連論文

▼もっと見る