業務用移動通信システムにおける多元接続方式 : FH方式における干渉低減法

元データ 2002-01-04 社団法人電子情報通信学会

概要

業務用陸上移動通信における周波数の利用効率向上法として、多元接続方式としてFH(周波数ホッピング)方式を用いた場合の干渉軽減法を検討した。FH方式をセルラー方式に用いた場合には隣接セルからの干渉に対する干渉ダイバーシチ効果があるため周波数の有効利用が期待できる。FH方式では、希望信号Cのレベルのみならず干渉信号Iのレベルを誤り訂正復調に用いることにより特性改善が可能であるので、Iのレベルの正確な検出法を工夫した.

著者

伊藤 陽一 株式会社ワイ・アール・ピー高機能移動体通信研究所
武中 延夫 ワイ・アール・ピー高機能移動体通信研究所
伊藤 陽一 ワイ・アール・ピー高機能移動体通信研究所
戸丸 賢也 ワイ・アール・ピー高機能移動体通信研究所
守山 榮松 ワイ・アール・ピー高機能移動体通信研究所
武中 延夫 株式会社ワイ・アール・ピー高機能移動体通信研究所
守山 栄松 株式会社yrp高機能移動体通信研究所(現)独立行政法人通信総合研究所
戸丸 賢也 株式会社YRP高機能移動体通信研究所(現)株式会社日立国際電気

関連論文

▼もっと見る