コニック対応に基づく平面物体の画像変換 : 冗長性を利用した線形アルゴリズム

元データ 1997-01-23 一般社団法人情報処理学会

概要

本稿では,コニック対応に基づいて,キャリプレートされていないカメラで撮影された透視変換像を解析し,投影像間の関係を導出する.そして,コニックの2枚の透視変換像間に線形拘束が存在することを明らかにする.また,この拘束式を定める係数は,同一平面上で一般の位置に存在するコニック7個(以上)の像の対応によって求まることを示す.さらに,この係数から,点対応に基づいてその2枚の透視変換像を結ぶ変換を,線形計算によって,定数倍の不定性を除いて一意に求める手続きを示す.これによって,平面物体の透視変換像では,コニック対応に基づいて,簡便な手続きによって,その画像中に存在する点干直線を取り扱うことができる.

著者

杉本 晃宏 日立製作所基礎研究所:(現)京都大学大学院情報学研究科
杉本 晃宏 日立製作所
杉本 晃宏 日立製作所基礎研究所

関連論文

一般社団法人情報処理学会 関連論文

▼すべて見る