対側性心電図変化の診断におけるactivation-recovery interval(ARI)の有用性 : 第58回日本循環器学会学術集会

元データ 1994-03-01 社団法人日本循環器学会

著者

友池 仁暢 山形大学第一内科
久保田 功 山形大学第一内科
柴田 健彦 山形大学第一内科
八巻 通安 山形大学第一内科
池野 栄一郎 山形大学第一内科
近藤 恒博 山形大学第一内科
柴田 健彦 市立酒田病院内科
八巻 通安 山形大学医学部附属病院医療情報部
近藤 恒博 東北中央病院循環器内科
Banlya G. 山形大学第一内科

関連論文

▼もっと見る