痔瘻に随伴した肛門管癌7例の検討

元データ 1992-07-01 一般社団法人日本消化器外科学会

概要

1970年1月から1991年9月までに当教室において経験した,痔瘻に随伴した肛門管癌7例について検討した.7例のうちわけは男性6例,女性1例で,年齢は43〜77歳(平均59.1歳)であった.痔瘻または膿瘍発症から癌確診までの期間は4年〜47年(平均22.9年)であった.主訴として粘液分泌,肛門部痛,腫瘤・硬結触知,出血,肛門狭窄,などが認められた.7例全例に腹会陰式直腸切断術が施行され治癒切除4例,非治癒切除3例であった.組織型は粘液癌3例,高・中分化腺癌3例,扁平上皮癌1例であった.7例中4例は,初回生検で確定診断可能であったが,残りの3例は癌確診までに頻回の診断手技を要した.長期にわたり痔瘻を有し,粘液分泌,腫瘤・硬結触知などの症状を呈する症例については癌の合併を考慮し瘻管切除を含む頻回の生検を施行して確定診断を下すべきであると考えられた.

著者

北島 政樹 慶應義塾大学外科
長谷川 博俊 慶應義塾大学外科
向井 万起男 慶應義塾大学小児外科
西堀 英樹 慶應義塾大学外科
寺本 龍生 慶應義塾大学外科
長谷川 博俊 慶應義塾大学医学部一般・消化器外科
寺本 龍生 東邦大学医療センター大森病院消化器外科
小平 進 慶應義塾大学医学部外科
郭 宗宏 慶應義塾大学 外科
加瀬 卓 慶應義塾大学外科
久 晃生 社会保険埼玉中央病院外科
西堀 英樹 慶應義塾大学医学部外科学教室
久 晃生 慶應義塾大学外科学教室
古川 和男 慶應義塾大学外科学教室
山口 博 慶應義塾大学外科学教室
捨田利 外茂夫 慶應義塾大学外科学教室
捨田利外 茂夫 川崎市立井田病院外科
捨田利 外茂夫 川崎市立井田病院外科
小平 進 練馬総合病院外科
郭 宗宏 国立大蔵病院
加瀬 卓 警友総合病院外科
古川 和男 清水市立病院外科
捨田利 外茂夫 慶應義塾大学医学部外科学教室
小平 進 慶応義塾大学 外科
向井 万起男 慶應義塾大学医学部
北島 政樹 慶應義塾大学 医学部 一般消化器外科学教室
西堀 英樹 慶應義塾大学一般・消化器外科
古川 和男 慶應義塾大学外科
向井 万起男 慶應義塾大学中央臨床検査部病理
寺本 龍生 慶應義塾大学医学部外科
久 晃生 慶應義塾大学外科
長谷川 博俊 慶應義塾大学一般・消化器外科

関連論文

▼もっと見る