画像検出器と回転電場偏向電極を用いた飛行時間型質量分析装置の開発

元データ 2008-10-01 日本質量分析学会

概要

A new technique for minor isotope analysis that uses a rotating electric field and an imaging detector is described. The rotating electric field is generated by six cylindrically arranged plane electrodes with multi-phase sinusoidal wave voltage. When ion packets that are discriminated by time-of-flight enter the rotating electric field, they are circularly deflected, rendering a spiral image on the fluorescent screen of the detector. This spiral image represents m/z values of ions as the position and abundance of ions as brightness. For minor isotopes analyses, the micro channel plate detector under gate control operation is used to eliminate the influence of high intensity of major isotopes.

著者

中島 幹雄 独立行政法人 日本原子力研究開発機構バックエンド推進部門
片山 淳 独立行政法人 日本原子力研究開発機構バックエンド推進部門
亀尾 裕 独立行政法人 日本原子力研究開発機構バックエンド推進部門
片山 淳 (独)日本原子力研究開発機構 バックエンド推進部門廃棄物確認技術開発グループ
亀尾 裕 (独)日本原子力研究開発機構 バックエンド推進部門廃棄物確認技術開発グループ
中島 幹雄 (独)日本原子力研究開発機構 バックエンド推進部門廃棄物確認技術開発グループ
片山 淳 日本原子力研究所
片山 淳 (独)日本原子力研究開発機構 バックエンド推進部門
中島 幹雄 (独)日本原子力研究開発機構 バックエンド推進部門

関連論文

▼もっと見る