書評 藤堂かほる 律令国家の国忌と廃務--八世紀の先帝意識と天智の位置づけ,天智陵の営造と律令国家の先帝意識--山科陵の位置と文武3年の修陵をめぐって

元データ 法制史學會 著者(集計中)

法制史學會 関連論文

▼すべて見る

ピックアップ論文